川崎市の環境技術

友好都市瀋陽市と連携した取組(1)

川崎市は、環境省、国立環境研究所、国連環境計画(UNEP)等と連携して、友好都市 中国瀋陽市の循環経済の発展に協力しています。

循環経済発展協力に関する協定

川崎市と瀋陽市は、環境分野での交流を通して友好関係をより一層深めるとともに、環境と経済の好循環を推進し、協力して環境課題に取り組むことを目指し、「循環経済発展協力に関する協定」を締結(2009年2月16日)しました。協定に基づき、環境分野での様々な取組を進めています。

瀋陽市環境保護局職員を中心に、1997年から、環境技術研修生を受け入れています。

2012年5月23日にさらに相互の環境模範都市づくりに向けた協力を推進するため、川崎市・瀋陽市の環境関係5機関の協力に関する覚書を締結しました。

瀋陽市は、遼寧省の省都で、人口約825万人の中国東北地区最大の工業都市です。

関係機関との連携

「日本国環境省と中国環境保護部による川崎市及び瀋陽市の環境にやさしい都市の構築に係る協力に関する覚書」が締結(2009年6月14日)されました。環境省、国立環境研究所、国際機関などと連携して、瀋陽市の循環経済の発展に協力しています。

瀋陽市で開催された「北東アジア環境フォーラム」に参加し、川崎の取組を紹介するとともに、意見交換を実施。

UNEP連携「アジア・太平洋エコビジネスフォーラム」に、副市長、環境保護局長をはじめ、瀋陽市から多数が参加。