川崎市の環境技術

水素社会の実現に向けた川崎水素戦略

平成27年3月に「水素社会の実現に向けた川崎水素戦略」を策定し、5つの方向性のもと、3つの基本戦略と「多様な主体と連携したリーディングプロジェクトの実施」により、水素エネルギーの積極的な導入と利活用による「未来型環境・産業都市」の実現を目指しています。

理念と方向性

3つの基本戦略とリーディングプロジェクトの推進

主なリーディングプロジェクト

川崎臨海部における水素供給ネットワーク構築(千代田化工建設と連携)

海外の未利用資源から製造した水素を、有機ケミカルハイドライド法を活用して消費地まで輸送し、需要家に対し水素を供給するサプライチェーンの構築

再生可能エネルギーと水素を用いた自立型エネルギー供給システム共同実証(東芝と連携)

再生可能エネルギーから水電解により水素を製造・貯蔵し、最適制御により燃料電池で発電することで平常時・災害時に必要な電力と温水を供給する自立型のエネルギー供給システムの実証

使用済プラスチック由来低炭素水素を活用した地域循環型水素地産地消モデル実証事業(昭和電工と連携)

使用済プラスチックから製造した水素をパイプラインで川崎臨海部の需要者に輸送し、分散型発電となる純水素型燃料電池を活用してエネルギー利用する技術実証