川崎市の環境技術

これまでの取組の成果

これまでの取組により、1人1日あたりのごみ排出量が、2012(平成24)年度には、政令指定都市の中でベスト4に入るなど、大都市間のトップランナーの仲間入りをするとともに、2003(平成15)年度には50万トンあったごみ焼却量が、2015(平成27)年度には、「37万トン」を下回る見込である等、ごみの減量化・資源化に向けて着実に推進しています。