川崎市の環境技術

環境分野におけるエネルギー対策の推進

地球温暖化対策の一層の推進に加え、地域における自立分散型エネルギーの導入を図るため、「創エネ」・「省エネ」・「蓄エネ」の取組を総合的に推進することが必要となります。

川崎市では、省エネ機器等の導入支援や関連情報の発信等により、市民・事業者の取組を支援しているほか、市自らも創エネ・省エネ・蓄エネ施設の率先導入や最先端技術のモデル導入等に取り組んでいます。

市民・事業者の取組支援

家庭用の太陽光発電やHEMS(ホーム・エネルギー・マネジメント・システム)、ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)などの創エネ・省エネ・蓄エネ機器の導入支援に取り組むとともに、中小事業者向けのエコ化支援事業による環境配慮機器の導入支援を進めています。

市施設における率先取組

市施設における環境配慮の標準的仕様をとりまとめ、環境配慮技術の導入プロセスの迅速化を図っています。また、今後の普及が期待される最新技術等のモデル導入にも取り組んでいます。

スマートシティの取組

低炭素社会の構築に向け、エネルギーの効率的な利用や、市民生活等の利便性・快適性の向上、安全・安心の確保を図るスマートシティの取組を推進します。