川崎市の環境技術

微小粒子状物質(PM2.5)対策

微小粒子状物質(PM2.5)は、健康影響を含めて市民の関心が高く、対策の推進が求められています。川崎市では、2000年度からPM2.5の常時監視測定の体制を整備するとともに、2003年度からPM2.5の成分組成の解明を目的とした成分分析調査を行っています。PM2.5の環境濃度は、工場・事業場等のばい煙発生施設や自動車排出ガスの規制等により、近年は減少傾向にあります。しかし、生成過程を含めて未解明な部分が多く、国立環境研究所や他の地方公共団体等と連携して対策に取り組んでいます。

常時監視測定

川崎市では、国設を含む一般環境大気測定局8局、自動車排出ガス測定局6局の計14測定局による常時監視体制を整備し、2009年に設定された環境基準との適合状況の把握を行うとともに、神奈川県と連携して、高濃度予報時の注意喚起を行っています。測定データは、川崎市のホームページやテレビ神奈川のデータ放送等を活用して、市民にリアルタイムで提供しています。

成分分析調査

PM2.5は、生成機構の違いにより一次粒子と二次生成粒子に分けられます。その成分組成の解明を目的に、定点3地点及び各種発生源周辺でPM2.5を捕集し、炭素成分、イオン成分、金属成分等の分析を行っています。