川崎市と瀋陽市(中国)のPM2.5共同研究成果報告会を開催します

川崎市では、環境省の「日中都市間連携協力事業」を活用し、友好都市である瀋陽市とともに大気環境改善に向けて、微小粒子状物質(PM2.5)に係る共同研究を平成28年度から実施しています。
このたび、瀋陽市環境保護局局長などが来日し、共同研究の成果報告会を開催します。中国の東北部を代表する瀋陽市とのPM2.5に関する共同研究は全国初の取組で、報告会では川崎市と瀋陽市の大気環境の現状やPM2.5の解析結果等、研究成果を発表します。

1 日時
平成31年1月17日(木) 13:30~16:30

2 会場
カルッツかわさき 大会議室1・2
(川崎区富士見1-1-4)

3 プログラム(※日本語と中国語の逐次通訳で開催します。)
◆日中都市間連携協力事業の概要及び川崎市の研究成果報告
◆瀋陽市の研究成果報告
◆全体総括

4 対象・定員18歳以上 50名(申込先着順)
※当日お席に余裕がある場合は、直接会場にお越しいただいても受付けます。

5 参加費用
無料

6 申込開始
平成30年11月26日(月)午前9時から

7 申込方法電話、FAX又はメールで「PM2.5共同研究成果報告会参加希望」、参加者氏名、(法人の場合は所属)、連絡先(電話番号、FAX番号又はメールアドレス)を明記して、申込み先までお申込みください。(電話の受付時間:平日9時~17時)
※申込後は、出席いただけない場合のみ御連絡いたします。

8 申込・問合わせ先
川崎市環境総合研究所事業推進課
TEL:044-276-9118
FAX:044-288-3156
電子メール:30kokuse@city.kawasaki.jp

 

成果報告会チラシ