環境総合研究所事業推進課の業務内容

 研究所の庶務・維持管理、アドバイザリーボードの運営のほか、研究所における環境教育・学習を行っています。また、川崎市の優れた環境技術や環境保全の経験を活かした国際貢献を推進するため、UNEP(国連環境計画)と連携した事業の実施や、海外視察研修の受け入れ、環境技術情報の収集・発信を行っています。

 また、外部人材を活用した任期付研究員制度により、多様化する環境問題に対し、専門研究者の知見とネットワークを活用し、これまで川崎市をベースとして培ってきた環境施策や環境技術を海外に移転し、アジア地域が今後抱えるさまざまな環境問題の解決を目指します。また、川崎市における低炭素社会の実現を目指します。

1 研究所の庶務・維持管理

2 有識者懇談会の運営

3 職員向け研修・研究発表の統括

4 研究所年報刊行・ホームページ管理

5 環境教育・学習

  •    環境学習教室等のイベントの開催
  •    教材の作成及び活用

6 国際展開・環境技術情報

  •    国連環境計画(UNEP)との連携事業
  •    環境技術情報の収集・発信
  •    友好都市:中国瀋陽市との連携・協力
  •    海外からの環境技術に関する視察研修受入

7 国際連携・研究推進

  •    川崎発の環境技術の移転による国際貢献の推進
  •    低炭素社会の構築等に向けた環境施策に関する研究の推進