環境総合研究所環境リスク調査課の業務内容

 化学物質による環境汚染の未然防止・予防的取組の観点から、環境濃度及び環境リスクを把握し、それらの低減に向けた基礎的かつ高度な調査研究を推進しています。

 市内の環境化学物質の調査や環境リスク評価の研究を行っており、環境省と連携しながら分析法の開発も行っています。他にも河川や干潟、海などの水質・生物の調査研究や、生態影響試験の研究などを行う生物学的調査研究も担当しています。

1 環境中の化学物質に関する調査研究

2 未規制化学物質の分析法開発

3 化学物質の環境リスクに関する調査研究

4 有害大気汚染物質等に関する調査研究

5 水生生物調査

6 生物学的調査研究