海外からの視察・研修の受入

現在経済発展途上にある国や都市にとって、持続可能な開発を進めていくにあたり、公害対策で培った高い環境技術の集積を有する川崎は、さまざまな情報を入手できる環境情報の宝庫でもあります。

川崎市の環境に関する知見や技術を参考にするため、中国、韓国、ベトナムなど東南アジアの各都市や、独立行政法人国際協力機構(JICA)などの国際機関からの視察や研修を受け入れています。

海外からの視察者受入リスト


海外の国々が抱える環境に関する課題・ニーズ情報

 視察受入を通じて、収集した海外の国々が抱える環境に関する課題・ニーズはこちらをご覧ください。

 なお、この情報はそれぞれ視察申込段階のものであり、最新の状況とは異なる可能性があります。ご了承ください。