川崎市環境総合研究所

 多様化・複雑化する環境問題に対応していくためには、環境分野の広範な領域に関して、より総合的な調査・研究を充実させていく必要があります。
 環境総合研究所は公害研究所、公害監視センター、環境技術情報センターの機能を再編・統合し、殿町国際戦略拠点に整備する川崎生命科学・環境研究センター内に開設されました。国連環境計画(UNEP)、国立環境研究所や大学などの外部研究機関、優れた環境技術を有する市内企業等と連携しながら、環境に関する総合的な研究を行っています。
 なお、令和2年4月に、気候変動影響・適応に関する情報の発信等の機能を担う気候変動情報センターを設置しました。

組織(令和2年4月1日 現在)

本サイト、SNSなどを利用し、情報発信をしています。

 環境総合研究所では、本サイトのほか、TwitterFacebookといったSNSを導入した情報発信に取り組み、それぞれのSNSの特徴を生かし、環境施策に係るさまざまな情報を市民の皆様にリアルタイムでお届けすることで、川崎市の環境情報が市民の皆様にとって、より身近でより興味深い存在になることを目指しています。

 環境総合研究所SNSは、この2次元バーコードを読み取っていただくか、説明文中のリンクをクリックしていただくとご覧いただけます。『フォロー、いいね!』などお願いします!